「偽造品犯罪対策チーム」設置、偽造品販売事業者に法的責任を追及(Amazon) | ScanNetSecurity
2020.07.02(木)

「偽造品犯罪対策チーム」設置、偽造品販売事業者に法的責任を追及(Amazon)

Amazonは、元連邦検察官や捜査官、データアナリストで構成されたグローバルチーム「偽造品犯罪対策チーム」を新たに設置したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
Amazonは6月25日、元連邦検察官や捜査官、データアナリストで構成されたグローバルチーム「偽造品犯罪対策チーム」を新たに設置したと発表した。偽造品撲滅に向けた同社の取り組みを本格的に推進する。同社では、偽造品の出品を未然に防ぐことを偽造品対策の第一の目的としており、2019年に5億ドル以上を投資し、8,000人以上のスタッフが偽造品を含む不正行為の阻止に取り組んできた。

この取り組みの結果、2019年には、不正の疑いがある60億件以上の出品商品が削除され、250万件以上の不正アカウントが商品をひとつも出品する前に閉鎖されている。しかし今後は、Amazon、ブランドオーナーおよび法執行機関が積極的に偽造品の製造や販売を行う事業者の法的責任を追及していくことが重要であるとして、今回のチーム設置に至った。

Amazonは不正行為者に対し、より効果的に民事訴訟による提訴、ブランドオーナーと協力して共同または独立した調査を行い、不正行為者に対して刑事責任を追及できるよう、世界中の法執行機関を支援していくとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  2. 「不正なデバイスの検知でau IDをロックした」au騙る偽メール(フィッシング対策協議会)

    「不正なデバイスの検知でau IDをロックした」au騙る偽メール(フィッシング対策協議会)

  3. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  4. 自宅での作業用に254件のアドレス記載したメールを誤送信(横浜市)

    自宅での作業用に254件のアドレス記載したメールを誤送信(横浜市)

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  7. ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ  (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

    ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

  8. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  9. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  10. クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

    クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

ランキングをもっと見る