クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM) | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

日本IBMは、「クラウドの脅威レポート公開:脅威アクターはどのようにクラウドに適応しているか?」と題するブログを公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本IBMは6月29日、「クラウドの脅威レポート公開:脅威アクターはどのようにクラウドに適応しているか?」と題するブログを公開した。同社によるインテリジェンス・レポート「クラウドの脅威 セキュリティー・レポート2020」の公開を受けた内容となっている。これによると、クラウド・インシデントの45%がクラウド・ホスト・アプリケーションを侵害経路としており、ここにランサムウェアや効果的なペイロードなどがドロップされる。

また、クラウド環境の設定ミスも攻撃者が侵入する一般的な手法となっている。2019年には、クラウドの構成ミスが10億件を超えるデータの侵害につながっていた。さらに、クラウド環境へのアクセスに使用される攻撃者の技術として「遡上」を挙げている。これは、基盤となるホストに侵入し、管理システムからクライアント環境間を移動していくもので、正当な動作と攻撃を区別することが難しい。多くの場合、攻撃者はクラウド環境にランサムウェアを展開して重要なデータを盗み、アンダーグラウンドで販売する。マイニングマルウェアを併用するケースも確認されており、これらのマルウェアはクラウド環境に最適化されているという。

ブログでは対策として、「プロアクティブ・シミュレーションの活用」「適切なツールの使用」「再イメージ化はせず、再デプロイする」「ポリシーのデッドスポットを探す」「脅威インテリジェンスの利用」を挙げている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  3. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  4. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  8. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  9. 職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

    職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る