Microsoft Windows の SharedStream ライブラリにおけるメモリ制御不備により権限昇格が可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

Microsoft Windows の SharedStream ライブラリにおけるメモリ制御不備により権限昇格が可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

2020 年 7 月に Windows で管理者権限の奪取が可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
Microsoft Windows
Microsoft Windows 全 1 枚 拡大写真
◆概要
 2020 年 7 月に Windows で管理者権限の奪取が可能となる脆弱性が報告されています。脆弱性の悪用により、侵入に成功した Windows OS の全権限が奪取されてしまいます。セキュリティ更新プログラムの適用により対策してください。

◆分析者コメント
 エクスプロイトコードの実行により、幅広いバージョンの Windows OS で容易に管理者権限の奪取が可能であることを確認しています。2020 年 7 月に当該脆弱性に対処するセキュリティ更新プログラムが公開されています。攻撃者が組織内の Windows 端末に侵入した際に管理者権限を奪取するために悪用する可能性が高い脆弱性であるため、セキュリティ更新プログラムの適用により対策してください。

◆深刻度(CVSS)
[CVSS v3.1]
7.8

https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2020-1463&vector=AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H&version=3.1&source=NIST

◆影響を受けるソフトウェア
 以下のバージョンの Microsoft Windows が当該脆弱性の影響を受けます。

  - Microsoft Windows 10, Version 1607
  - Microsoft Windows 10, Version 1703
  - Microsoft Windows 10, Version 1709
  - Microsoft Windows 10, Version 1803
  - Microsoft Windows 10, Version 1809
  - Microsoft Windows 10, Version 1903
  - Microsoft Windows 10, Version 1909
  - Microsoft Windows 10, Version 2004
  - Microsoft Windows Server, 2016
  - Microsoft Windows Server, 2019
  - Microsoft Windows Server, Version 1903
  - Microsoft Windows Server, Version 1910
  - Microsoft Windows Server, Version 2004

◆解説
 Microsoft Windows の SharedStream ライブラリに、管理者権限で任意のコード実行が可能となる、メモリ制御不備の脆弱性が報告されています。

《株式会社ラック デジタルペンテストサービス部》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  3. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  4. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. 職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

    職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

  9. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る