攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況を公開(IPA) | ScanNetSecurity
2021.01.28(木)

攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況を公開(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月28日、7月中旬から攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
添付ファイルを開いた時の画面の例(2020年7月)
添付ファイルを開いた時の画面の例(2020年7月) 全 1 枚 拡大写真
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月28日、7月中旬から攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況について発表した。

「Emotet」は2020年2月上旬以降、攻撃メールが観測されない状態が続いていたが、7月中旬から攻撃活動が再開、攻撃の手口はこれまでと大きくは変わらないため、受信メールに添付されたWord文書ファイル等が信頼できるものと判断できない限り「コンテンツの有効化」を行わないよう注意を呼びかけている。

IPAによると、「請求書の件です。」「ご入金額の通知」「ご請求書発行のお願い」「会議への招待」「ドキュメント」等のメール件名や添付ファイルが観測されており、また、不正なWord文書ファイルが直接メールに添付されている手口の他にも、ファイル形式が異なっていたり、URLリンクから不正なWord文書ファイルをダウンロードさせる手口も観測されている。

なお、IPAでは7月20日頃に、ある国内企業のメールアカウントが攻撃者に悪用され、外部へEmotetの攻撃メールがばら撒かれたという事案も確認している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

    2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

  2. 日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

    日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

  3. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  4. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  5. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  6. 我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

    我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

  7. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  8. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

    Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  9. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  10. ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

    ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

ランキングをもっと見る