8月も4ブランドが上位を占める、特に偽Amazonが増加--フィッシング報告(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

8月も4ブランドが上位を占める、特に偽Amazonが増加--フィッシング報告(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、2020年8月の「フィッシング報告状況」について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシング報告件数の推移
フィッシング報告件数の推移 全 3 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は9月3日、2020年8月の「フィッシング報告状況」について発表した。これによると、8月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数(海外含む)は20,814件で、前月の16,767件から4,047件増加した。フィッシングサイトのURL件数(重複なし)は4,953件で、前月の5,536件から583件減少している。フィッシングに悪用されたブランドの件数(海外含む)は55件で、前月の52件から3件の増加となった。

フィッシングメールでは、Amazon、LINE、楽天および楽天カードを騙るものが前月に続き繰り返し大量配信されており、これら上位4ブランドで報告数全体の約92.6%を占めた。特にAmazonを騙るフィッシングの報告数が増えており、全体の約67.3%を占めている。また、これら大量配信メールの約80%、全体の約40%が、差出人メールアドレスに正規サービスのドメインを騙る「なりすまし送信」であった。

このほか、Appleやクレジットカードブランド、金融機関を騙るフィッシングも多く、家具販売サイトや家電メーカーのブランドを騙るフィッシングサイトも少数ながら報告があるという。さらに、宅配業者の不在通知を装うSMSの報告も依然として多い。

URLについては、メールごとに固有のURLを挿入するマーケティングツールを使って配信されたフィッシングメールの報告が減ったため、減少している。また、メール文面が同じでもURLが短時間で変わっているものが多く、大量に取得した独自ドメインのほか、IPアドレスを直接使うケースも増えているとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る