TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、TLS 1.2 およびそれ以前の Diffie-Hellman 鍵交換に対する攻撃手法(Raccoon Attack)が報告されていると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月14日、TLS 1.2 およびそれ以前の Diffie-Hellman 鍵交換に対する攻撃手法(Raccoon Attack)が報告されていると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

TLSの暗号化通信では、共有鍵暗号系アルゴリズムによる暗号化を行う。クライアント側とサーバ側で同一の暗号化鍵を共有するために、TLS通信の最初の手順として互いに生成した乱数に基づくデータをやりとりし、その値に基づき暗号化鍵生成に必要となる情報(pre-master secret)を共有する。この後、それぞれが pre-master secret を使って暗号化鍵を生成する。

報告によると、攻撃者は中間者攻撃により pre-master secret を共有するための通信データを盗聴し、クライアント側が提示するデータを取得。次にクライアント側を騙って、サーバ側に対し新たな TLS セッション開始を複数回仕掛け、サーバ側からの応答速度の違いを計測し、それを元に pre-master secret を解読する可能性がある。

JVNでは対策方法として、次の3つを挙げている。
・TLS 1.3 のみを使う
・TLS 1.2 およびそれ以前では Diffie-Hellman 鍵交換を用いない
・TLS 1.2 およびそれ以前の Diffie-Hellman 鍵交換では、DHパラメタをセッション毎に変更する

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

    チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

  2. ランサムウェア対策ポータルサイト開設

    ランサムウェア対策ポータルサイト開設

  3. 時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

    時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

  4. ライブサービス「LINE Face2Face」に不正アクセス、オンライン握手会動画が動画共有サイトへアップロード

    ライブサービス「LINE Face2Face」に不正アクセス、オンライン握手会動画が動画共有サイトへアップロード

  5. プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

    プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

  6. NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

    NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

  7. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  8. コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

    コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

  9. KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

    KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

  10. IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

    IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

ランキングをもっと見る