脆弱性スキャン年150回で50万円、DevSecOps対応の診断ツール提供開始(レイ・イージス・ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.05.13(木)

脆弱性スキャン年150回で50万円、DevSecOps対応の診断ツール提供開始(レイ・イージス・ジャパン)

株式会社レイ・イージス・ジャパンは10月6日、ネットワーク診断とWebアプリケーション診断をまとめて実行可能な脆弱性スキャンツール「RayAegis Simple System Scanner」をリリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社レイ・イージス・ジャパンは10月6日、ネットワーク診断とWebアプリケーション診断をまとめて実行可能な脆弱性スキャンツール「RayAegis Simple System Scanner」をリリースしたと発表した。

同社によると、同ツールを利用することで一般的なセキュリティ診断サービスでは頻度やコストの面から対応が難しかった、システム開発での開発中の高頻度診断によるリリース直前の手戻りやスケジュール遅延の防止、データセンター事業者などにおける自社の顧客環境に対する診断サービスの提供、インターネットからの通信が制限され外部診断ができない環境における自己診断の実施等のシーンでセキュリティの向上に活用が可能となる。

同ツールの特長としては、OWASP Top10のセキュリティ範囲をカバーする脆弱性スキャン、ネットワーク診断とWebアプリケーション診断に同時対応、日本語または英語での診断レポート出力(PDF、CSV)、初期設定が5分で完了する仮想アプライアンス形式、自動化用にスキャン実行やレポート出力用API提供が挙げられる。

同ツールはスキャン実行回数別の年間サブスクリプションライセンスで提供、150回/年で500,000円、100回/年で350,000円、50回/年で200,000円となっており、年次途中での回数追加も可能。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?

    オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?PR

  2. ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

    ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

  3. NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

    NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

  4. メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

    メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

  5. もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催

    もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催PR

  6. 「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

    「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

  7. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

  8. 製品の使用停止呼びかけ、バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

    製品の使用停止呼びかけ、バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

  9. 岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

    岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

  10. LogStareのSOCの窓 第一回「錠前を購入したが施錠せず」

    LogStareのSOCの窓 第一回「錠前を購入したが施錠せず」

ランキングをもっと見る