もうひとつのイタリア名物「合法スパイウェア」 ~ EXODUS 事件をふりかえる | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

もうひとつのイタリア名物「合法スパイウェア」 ~ EXODUS 事件をふりかえる

2019年に発見されたEXODUSはアンダーグラウンドのハッカーではなく、イタリアのセキュリティベンダーによって開発されたとされる。EXODUSを発見し調査を行った研究者のレポートをもとに、このマルウェアの背景などをまとめたい。

国際 海外情報
もうひとつのイタリア名物「合法スパイウェア」 ~ EXODUS 事件をふりかえる
もうひとつのイタリア名物「合法スパイウェア」 ~ EXODUS 事件をふりかえる 全 6 枚 拡大写真
 ピザ、パスタといえばイタリアだが、セキュリティ関係者の間でイタリアは「スパイウェア」の産地としても有名だ。イタリアには、Haking Team、AREA、negg など、合法的盗聴(Lawful intercept)を行うスパイウェアを開発し、ビジネスとして国内外の警察や法執行機関とイイ関係を築いている企業が複数存在しているからだ。

 米大統領選が迫り、国家による世論操作などに注目が集まる現在、今回はイタリアの「 IT 産業事情」を、一昨年の Black Hat USA 2019 の取材メモをもとに蔵出しでお届けする。

●スパイウェアは表社会でもひとつの市場

 2019 年に発見された EXODUS はアンダーグラウンドのハッカーではなく、イタリアのセキュリティベンダーによって開発されたとされる。EXODUS を発見し調査を行った研究者のレポートをもとに、このマルウェアの背景などをまとめたい。当該レポートは Lorenzo Franceschi-Bicchierai 氏が発表した。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほか

    8/8・8/9 セコムトラストシステムズ「IDaaSでここまでできる!」ウェビナー開催 ~ 便利機能 注意点 MFA 製品別特長 ほかPR

  4. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  5. 取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

    取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

ランキングをもっと見る
PageTop