Apache Struts 2に脆弱性、本脆弱性を悪用した攻撃も観測 | ScanNetSecurity
2021.03.07(日)

Apache Struts 2に脆弱性、本脆弱性を悪用した攻撃も観測

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月21日、Apache Struts 2の脆弱性(S2-061)について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月21日、Apache Struts 2の脆弱性(S2-061)について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Apache Struts 2
- 2.0.0 から 2.5.25 まで

JVNによると、Apache Struts 2の脆弱性(S2-061)は入力値の検証不備に起因しており、悪用されるとApache Struts 2が動作するサーバにおいて遠隔の第三者が任意のコードを実行する可能性がある。Apache Software Foundationは、本脆弱性の深刻度を「Important」と評価している。

JVNでは対策として、Apache Software Foundationから本脆弱性を修正したバージョンが公開されており、十分なテストを実施の上で修正済みバージョンの運用を検討するよう呼びかけている。なお、JPCERT/CC では本脆弱性を悪用した攻撃活動が観測されたとの情報を確認済みで、本脆弱性を修正したバージョンを未適用の場合は早急なバージョンアップを推奨している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  2. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  3. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  4. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  5. 日本通運のパソコン2台に不正アクセス、メール閲覧とウイルス感染被害

    日本通運のパソコン2台に不正アクセス、メール閲覧とウイルス感染被害

  6. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  7. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  8. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  9. Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開

    Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデート公開

  10. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

ランキングをもっと見る