ドメイン管理事業者 GoDaddy へソーシャルエンジニアリング攻撃、仮想通貨サービス企業はどこまで被害を受けたか | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

ドメイン管理事業者 GoDaddy へソーシャルエンジニアリング攻撃、仮想通貨サービス企業はどこまで被害を受けたか

今月(編集部註:2020年11月)、さまざまな暗号通貨関連の Web サイトに向かうトラフィックやメールを悪党がハイジャックしてしまった。GoDaddy の従業員をまんまとひっかけることで。

国際 TheRegister
www.godaddy.com
www.godaddy.com 全 1 枚 拡大写真
 今月(編集部註:2020年11月)、さまざまな暗号通貨関連の Web サイトに向かうトラフィックやメールを悪党がハイジャックしてしまった。GoDaddy の従業員をまんまとひっかけることで。

 攻撃者はソーシャルエンジニアリングのテクニックを用いて、被害を被ったドメイン名の DNS 設定を変更することに成功。接続やメールを自分たちのサーバーへとリダイレクトさせた。世界最大のドメイン名レジストラである GoDaddy は「限られた数の GoDaddy の従業員」が騙され、「少数の顧客のドメインやアカウント情報」が改変されたことを認めた。

《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

    「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  2. 情報セキュリティマネジメント試験 8歳の小学3年生合格、最年少記録6年ぶり更新

    情報セキュリティマネジメント試験 8歳の小学3年生合格、最年少記録6年ぶり更新

  3. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  4. メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

    メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

  5. 「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

    「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

ランキングをもっと見る
PageTop