病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ

新型コロナウイルスによる世界的な感染者急増に対処するため、医療機関は過度な負担を強いられている。そうした中、ソフトウェアベンダは病院をライセンス監査の標的にしている。

国際 TheRegister
病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ
病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ 全 1 枚 拡大写真
 新型コロナウイルスによる世界的な感染者急増に対処するため、医療機関は過度な負担を強いられている。そうした中、ソフトウェアベンダは病院をライセンス監査の標的にしている。

 「 IT 資産管理フォーラム( ITAM フォーラム)」の調査によると、ベンダは病院の監査を通じて収益の増加を図っているようだ。ITAM フォーラムは、ボーダフォン、ダンスケ銀行(編集部註:北欧のメガバンク)、P&G などをメンバーに数える。

 ITAM フォーラムの議長を務めるメロディ・アイェリは、パンデミックのさなかに多くの病院が監査を受けたと報告していることは憂慮すべきだと述べている。

 「国際的な医療緊急事態に病院をライセンス監査の標的にすれば、基本的に、病院が新型コロナウイルスによる被害を最小限に抑えようとする努力の妨げになる可能性があります。残念なことに、このようなベンダには適切な判断力が欠如していることが明らかです」とアイェリは指摘する。アイェリは、北米トヨタの IT 資産および構成管理のヘッドも務める。

 ITAM フォーラムの調査では、46 %の機関がパンデミック中、ベンダからの監査要求が実際に増加したと回答している。一方、回答者の50 %は監査のリスクが増加していると答え、12 %はリスクが増加するだろうと答えている。

 「ソフトウェアベンダはパンデミックの最中に、監査を密かな販売ツールとして使用すべきではない」そう、アイェリは言う。

《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

    「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  2. 情報セキュリティマネジメント試験 8歳の小学3年生合格、最年少記録6年ぶり更新

    情報セキュリティマネジメント試験 8歳の小学3年生合格、最年少記録6年ぶり更新

  3. 7/30 開催「クラウドセキュリティのシフトレフト」実現 ~ SHIFT SECURITY が CNAPP 導入方法解説

    7/30 開催「クラウドセキュリティのシフトレフト」実現 ~ SHIFT SECURITY が CNAPP 導入方法解説PR

  4. 護衛艦いなづまの艦長、資格のない隊員を特定秘密取扱職員に指名し懲戒処分

    護衛艦いなづまの艦長、資格のない隊員を特定秘密取扱職員に指名し懲戒処分

  5. 7/25・8/29「正しい脆弱性診断の進め方」SHIFT SECURITY 中村雄大氏 解説 開催

    7/25・8/29「正しい脆弱性診断の進め方」SHIFT SECURITY 中村雄大氏 解説 開催PR

ランキングをもっと見る
PageTop