病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ | ScanNetSecurity
2024.06.19(水)

病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ

新型コロナウイルスによる世界的な感染者急増に対処するため、医療機関は過度な負担を強いられている。そうした中、ソフトウェアベンダは病院をライセンス監査の標的にしている。

国際 TheRegister
病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ
病院も監査の標的、ライセンス監査で収益確保はかる切羽詰まったソフトウェアベンダ 全 1 枚 拡大写真
 新型コロナウイルスによる世界的な感染者急増に対処するため、医療機関は過度な負担を強いられている。そうした中、ソフトウェアベンダは病院をライセンス監査の標的にしている。

 「 IT 資産管理フォーラム( ITAM フォーラム)」の調査によると、ベンダは病院の監査を通じて収益の増加を図っているようだ。ITAM フォーラムは、ボーダフォン、ダンスケ銀行(編集部註:北欧のメガバンク)、P&G などをメンバーに数える。

 ITAM フォーラムの議長を務めるメロディ・アイェリは、パンデミックのさなかに多くの病院が監査を受けたと報告していることは憂慮すべきだと述べている。

 「国際的な医療緊急事態に病院をライセンス監査の標的にすれば、基本的に、病院が新型コロナウイルスによる被害を最小限に抑えようとする努力の妨げになる可能性があります。残念なことに、このようなベンダには適切な判断力が欠如していることが明らかです」とアイェリは指摘する。アイェリは、北米トヨタの IT 資産および構成管理のヘッドも務める。

 ITAM フォーラムの調査では、46 %の機関がパンデミック中、ベンダからの監査要求が実際に増加したと回答している。一方、回答者の50 %は監査のリスクが増加していると答え、12 %はリスクが増加するだろうと答えている。

 「ソフトウェアベンダはパンデミックの最中に、監査を密かな販売ツールとして使用すべきではない」そう、アイェリは言う。

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

  2. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  3. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  4. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  5. オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

    オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

  6. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

  7. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  8. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  9. 実在しないアドレスを使用 ~ 東京大学役員を装った迷惑メールに注意呼びかけ

    実在しないアドレスを使用 ~ 東京大学役員を装った迷惑メールに注意呼びかけ

  10. 日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

    日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

ランキングをもっと見る