Qualys にランサムウェア攻撃 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

Qualys にランサムウェア攻撃

更新

国際 TheRegister
Qualys 社声明
Qualys 社声明 全 1 枚 拡大写真
更新

 情報セキュリティ企業の Qualys、同社のクラウドベースの脆弱性検知テクノロジー、その SSL サーバーテスト Web ページが、ランサムウェア攻撃の被害に遭ったようだ。

 本日(編集部註:2021年3月3日)午後、Qualys に由来すると思われるファイルが、恐喝犯罪者 Clop のオンライン上の Tor ブログにダンプされた。

 Qualys は即時にコメントすることを拒んだが、広報担当の女性は、同社はインシデントに気付き、調査中であると述べた。

 恐喝者の狙いをただ勢いづけるだけなので、それらのファイルを本記事で再現することはしないが、発注書、顧客の機器・設備のスキャン結果、見積書が含まれているようだ。ファイルの性質からは、それらが Qualys の情報セキュリティサイドからではなく、事業の管理サイドから盗まれたことが示唆される。

 ランサムウェアギャングの専門家、情報セキュリティ企業 Emsisoft のブレット・キャロウが The Register に次のように語った。「Qualys と取引した事業体は、高度の警戒態勢をとるべきです」。

 このインシデントは Qualys にとってたいへんばつの悪いものになるだろう。記事執筆時点では精確な攻撃ベクトルは不明だが、Clop はこの数カ月、Accellion のファイル転送システム(FTA)のユーザーを恐喝することに重点を置いていた。

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る