台湾QNAP社、自社製NASをターゲットとしたランサムウェアに注意喚起 | ScanNetSecurity
2021.05.12(水)

台湾QNAP社、自社製NASをターゲットとしたランサムウェアに注意喚起

台湾のQNAP Systems, Inc.は4月22日、2種類のランサムウェア(QlockerとeCh0raix)がQNAP NASをターゲットにユーザーのデータを身代金として暗号化しているとの声明を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
台湾のQNAP Systems, Inc.は4月22日、2種類のランサムウェア(QlockerとeCh0raix)がQNAP NASをターゲットにユーザーのデータを身代金として暗号化しているとの声明を発表した。

同社では、すべてのユーザーに最新バージョンのMalware Removerをインストールし、QNAP NASでのMalwareスキャン実行を強く推奨するとともに、ランサムウェア攻撃からQNAP NASを保護するために、Multimedia Console、Media Streaming Add-on、およびHBS(Hybrid Backup Sync)アプリを最新バージョンに更新するよう呼びかけている。

同社ではランサムウェア攻撃に対処するために、QTSやQuTShero用のMalware Removerの最新版をリリース、ユーザーデータが暗号化された、あるいは暗号化が進行している場合は、NASをシャットダウンせずに、最新のMalware Removerでマルウェアスキャンを実行するとともに、QNAPテクニカルサポートに連絡するよう呼びかけている。

また同社では感染していないユーザーに対し、予防措置として最新のMalware Removerをインストールしマルウェアスキャンを実行するとともに、パスワードをより強力なものに変更し、Multimedia Console、Media Streaming Add-on、およびHBS(Hybrid Backup Sync)を最新バージョンに更新し、さらにNASの操作用画面で使用するネットワークポートをデフォルトの8080から変更することをお勧めしている。

同社では現在、感染したデバイスからマルウェアを削除するソリューションの開発に緊急に取り組んでいる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?

    オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?PR

  2. 「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

    「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

  3. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

  4. メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

    メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

  5. 廃棄扱いのはずの書類が郵送で届く、何者かが意図的に持ち出した可能性も

    廃棄扱いのはずの書類が郵送で届く、何者かが意図的に持ち出した可能性も

  6. ソフトバンク、10億円の支払い求める ~ 楽天モバイルへ営業秘密の利用停止と廃棄求め民事訴訟

    ソフトバンク、10億円の支払い求める ~ 楽天モバイルへ営業秘密の利用停止と廃棄求め民事訴訟

  7. セキュリティ機関を騙る振込詐欺が発生、実在する職員氏名を詐称

    セキュリティ機関を騙る振込詐欺が発生、実在する職員氏名を詐称

  8. ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

    ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

  9. 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの大学院棟会議室予約システムに不正アクセス、のべ6,507名の利用者情報流出

    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの大学院棟会議室予約システムに不正アクセス、のべ6,507名の利用者情報流出

  10. Pulse Connect Secure に任意コード実行の脆弱性、悪用した攻撃を確認済み

    Pulse Connect Secure に任意コード実行の脆弱性、悪用した攻撃を確認済み

ランキングをもっと見る