「バグハンター大学」開校、Google がバグバウンティプログラムを刷新 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

「バグハンター大学」開校、Google がバグバウンティプログラムを刷新

Google は、「Vulnerability Reward Program」と呼ぶ同社の懸賞金付きのバグ報告プログラムを通して、2010 年以降同社の各サービスで見つかった 1 万 1,055 件のバグに対して懸賞金を支払ったと明かした。

国際 TheRegister
bughunters.google.com/learn
bughunters.google.com/learn 全 1 枚 拡大写真
 Google は、「Vulnerability Reward Program」と呼ぶ同社の懸賞金付きのバグ報告プログラムを通して、2010 年以降同社の各サービスで見つかった 1 万 1,055 件のバグに対して懸賞金を支払ったと明かした。

 1 万 1,055 件のバグというとかなりの数に思えるかもしれない。しかし、他のソフトウェア企業と比較すると特に多い数ではない。マイクロソフトは、毎月公開している「Patch Tuesday」パッケージで、常日頃 100 件を超える欠陥を修正している。また、オラクルは、四半期ごとのパッチコレクションで、しばしば 300 件を優に超えるコード修正を行っている。つまりマイクロソフトやオラクルも、バグの数は 11 年経てば 1 万 1,000 件を超えることになるのだ。

《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  3. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  4. iPhone 構成プロファイル悪用し不正アプリインストール、JC3 注意喚起

    iPhone 構成プロファイル悪用し不正アプリインストール、JC3 注意喚起

  5. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、従業員の個人情報漏えいが判明

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、従業員の個人情報漏えいが判明

ランキングをもっと見る
PageTop