相鉄系列の商業施設公式サイトが改ざん被害、アクセスすると別サイトに遷移 | ScanNetSecurity
2024.06.26(水)

相鉄系列の商業施設公式サイトが改ざん被害、アクセスすると別サイトに遷移

株式会社相鉄ビルマネジメントは7月30日、同社が運営する商業施設「ジョイナス」のWebサイトの改ざんについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
 株式会社相鉄ビルマネジメントは7月30日、同社が運営する商業施設「ジョイナス」のWebサイトの改ざんについて発表した。

 これは「ジョイナス」Webサイトの一部に第三者から不正アクセスがあり、データ改ざんが行われたことで、Webサイトへアクセスすると別サイトへ遷移する事象が判明したというもの。

 なお、「ジョイナス」Webサイトでは個人情報を取り扱っておらず、流出はないい。

 同社では既に、改ざんデータを修復済みで、セキュリティ強化対策を実施している。

 同社では現在、改ざんに関する調査を行っており、詳細が分かり次第報告を行うとのこと。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  2. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  3. ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

    ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

  4. KADOKAWAグループでスクール運営を行うバンタンのサーバに不正アクセス、CMSの脆弱性を悪用し侵入

    KADOKAWAグループでスクール運営を行うバンタンのサーバに不正アクセス、CMSの脆弱性を悪用し侵入

  5. ESXiを標的としたランサムウェア攻撃、2日間で3,195台の被害を確認

    ESXiを標的としたランサムウェア攻撃、2日間で3,195台の被害を確認

ランキングをもっと見る
PageTop