「CoD:Warzone」の新たなチート対策、不正利用者へのハードウェアBAN実装の可能性 | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

「CoD:Warzone」の新たなチート対策、不正利用者へのハードウェアBAN実装の可能性

先日は5万人の大規模BANを実施。

脆弱性と脅威 脅威動向
『CoD:Warzone』新たなチート対策として「ハードウェアBAN」が実装か―海外不正利用者の投稿映像で
『CoD:Warzone』新たなチート対策として「ハードウェアBAN」が実装か―海外不正利用者の投稿映像で 全 2 枚 拡大写真

Raven Softwareが配信中のバトルロイヤルシューター『コール オブ デューティ ウォーゾーン』。本作の新たなチート対策として、不正利用者へのハードウェアBANが実装されている可能性が示されています。


これは実際にチートを利用しているユーザーのTikTok映像(Charlie Intel経由)で明らかになったもの。映像ではどのアカウントでも同じPCではプレイできないことを説明しており、ゲーム内に「ハードウェアBAN」が登場している可能性を示唆しています。


本作はこれまでも何度かの大規模BANを実施しており、2021年8月12日には新たに5万人のアカウント処分を実行。しかし、不正利用者はすぐに新規アカウントを作成していると指摘されていました。ハードウェアBANに関する公式発表はありませんが、もし導入されている場合は今後の不正利用者への大きな対策のひとつになるかもしれません。



先日公開されたシリーズ最新作『コール オブ デューティ ヴァンガード』の最新情報の中で、『コール オブ デューティ ウォーゾーン』で年内中に新マップとともに「新たなチート対策プログラム」が導入されると発表。その詳細についても今後明らかにされていくようです。

『CoD:Warzone』新たなチート対策として「ハードウェアBAN」が実装か―海外不正利用者の投稿映像で

《Mr.Katoh》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  2. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  3. 株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

    株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

  4. ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

    ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

  5. 東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

    東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

  6. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

  7. コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

    コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

  8. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

  9. 発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

    発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

  10. オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

    オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

ランキングをもっと見る