ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例 | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

2020年6月、コインチェックはドメイン名ハイジャックの被害を受けた。しかし、発見と初動が早かったため、仮想通貨や資金の流出(窃盗)はなく、情報漏えいの可能性も数百件程度と大事には至らなかった。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
レスポンスタイムの遅延がきっかけだった
レスポンスタイムの遅延がきっかけだった 全 4 枚 拡大写真

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 沖電気のファイルサーバに不正アクセス、一部データが読み出された可能性

    沖電気のファイルサーバに不正アクセス、一部データが読み出された可能性

  2. MUFGでクレジットカード番号をメール誤送信、「非表示」状態に気付かず

    MUFGでクレジットカード番号をメール誤送信、「非表示」状態に気付かず

  3. 警察庁、活動再開したEmotet解析 新たにThunderbirdも情報窃取対象に

    警察庁、活動再開したEmotet解析 新たにThunderbirdも情報窃取対象に

  4. ロイヤルホームセンター公式サイトに不正アクセス、サーバ入れ替え 12/1 復旧

    ロイヤルホームセンター公式サイトに不正アクセス、サーバ入れ替え 12/1 復旧

  5. 文部科学省でも来年1月4日からPPAP廃止、今後はBoxで添付ファイルをやり取り

    文部科学省でも来年1月4日からPPAP廃止、今後はBoxで添付ファイルをやり取り

  6. みずほ銀行の度重なる障害に業務改善命令、IT現場の実態を軽視

    みずほ銀行の度重なる障害に業務改善命令、IT現場の実態を軽視

  7. 滋賀県のスーパー平和堂のショップサイトで最大4,774件の個人情報が閲覧可能に

    滋賀県のスーパー平和堂のショップサイトで最大4,774件の個人情報が閲覧可能に

  8. DX時代のセキュリティ人材の条件 ~ トレンドマイクロ調査

    DX時代のセキュリティ人材の条件 ~ トレンドマイクロ調査

  9. メール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」が脱PPAPとして新たにBox対応

    メール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」が脱PPAPとして新たにBox対応

  10. ガートナー 2022年サイバーセキュリティ展望トップ8

    ガートナー 2022年サイバーセキュリティ展望トップ8

ランキングをもっと見る