中国ロシア北朝鮮につづく、新鋭APT国家 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

中国ロシア北朝鮮につづく、新鋭APT国家

イラン以外の国家は標的のシステムを破壊する攻撃をほとんど行わなかった。こうして脅かされているシステムは、仮に国家間の緊張が高まって政府がサイバー空間での戦いをエスカレートさせる戦略に出た場合、格好の標的となって破壊される。

国際 TheRegister
中国ロシア北朝鮮につづく、新鋭APT国家
中国ロシア北朝鮮につづく、新鋭APT国家 全 1 枚 拡大写真
 国家主導のサイバー攻撃といえば定番のようにロシアが思い浮かぶだろう。しかし米大手マイクロソフトは、イラン、トルコ、北朝鮮、および韓国も同様に、国家主導のサイバー攻撃を積極的に行っていると主張している。

 マイクロソフトが検知したサイバー攻撃の半数以上は、ロシアからのものだった。しかし同社が毎年発行している報告『Digital Defence Report』には、より広く周知すべき記述がある。あまり注目が集まっていない国家によるサイバー攻撃の記述だ。

 「当社が検知した中でロシアの次に攻撃件数が多かったのは、北朝鮮、イラン、および中国だった。また、韓国、トルコ(当社の報告でトルコを取り上げるのは今回が初めてだ)、およびベトナムも活発に攻撃を行っていたが、件数としてはかなり少なかった」と、マイクロソフトは同社の知見を報告する記事にて述べている。

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る