メール誤送信・誤受信は57.3%が「経験あり」、宛先の入力ミスが74.4%で最多に | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

メール誤送信・誤受信は57.3%が「経験あり」、宛先の入力ミスが74.4%で最多に

 サイバーソリューションズ株式会社は1月26日、「メール誤送信の実態調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 サイバーソリューションズ株式会社は1月26日、「メール誤送信の実態調査」の結果を発表した。

 同調査では、2021年12月13日から14日に、従業員数300人以上の企業の経営者・会社員300名を対象にインターネット調査を実施し、結果をまとめたもの。

 同調査で、誤送信・誤受信の経験の有無について質問したところ、57.3%が「経験あり」と回答、また役職の違いによってもメール誤送受経験の差異はなく、どのような立場であっても起こりうるミスということが明らかになった。

 誤送信・誤受信の経験者では、約5割が他人のミスだけでなく「自分がメールを誤送信した」を回答、「誤送信メールを受け取った」、「自社内でメールの誤送信が起きた」の回答も多く、日常業務でメールの誤送信・誤受信は誰もが起きていることが判明した。

 誤送信の内容について質問したところ、「宛先の入力ミス」が74.4%で最多となる一方、「企業の信用や運営に関わる重要な情報を誤送信」した経験があると6%の回答があった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る