「Call of Duty: Warzone」のチート行為が大幅減少、不正対策システムの進捗を公開 | ScanNetSecurity
2022.11.28(月)

「Call of Duty: Warzone」のチート行為が大幅減少、不正対策システムの進捗を公開

チートに関してデータ収集をしつつ、チーターの攻撃を緩和する処理をしていることも紹介しています。

製品・サービス・業界動向 業界動向
『CoD: Warzone』からチート報告が大幅減少!「RICOCHET Anti-Cheat」の進捗報告で明らかに
『CoD: Warzone』からチート報告が大幅減少!「RICOCHET Anti-Cheat」の進捗報告で明らかに 全 2 枚 拡大写真

Activisionは、チート対策システム「RICOCHET Anti-Cheat」の進捗報告を公開しました。

「RICOCHET Anti-Cheat」は『コール オブ デューティ ヴァンガード(Call of Duty: Vanguard)』『コール オブ デューティ ウォーゾーン(Call of Duty: Warzone)』のPC版における不正対策として実装された、高い権限を有するカーネルレベルドライバであることが特徴のシステム。今回の報告では『コール オブ デューティ ウォーゾーン』において、ゲーム内チート行為の報告が大幅減少したことが確認されたとのことです。さらにこれはホリデー期間中のチート行為として過去最低でもあったとしています。

また同報告ではチート行為特定のためのデータ収集とともに実行しているという緩和処理についても紹介。例として「ダメージシールド」と呼ばれる技術では、検出されたチート行為者が他のプレイヤーにクリティカルダメージを与える力を無効化しているとのことです。この「ダメージシールド」は数多くの緩和処理技術の中のひとつに過ぎないということも付け加えられています。

さらにセキュリティポリシーの変更についても告知。『コール オブ デューティ ヴァンガード』だけに適用されていた調整をシリーズの近年のタイトルに対しても適用。これによって重度あるいは度重なる違反があった場合には、全てのアカウントの永久利用禁止処分となることがあるとのことです。


『CoD: Warzone』からチート報告が大幅減少!「RICOCHET Anti-Cheat」の進捗報告で明らかに

《いわし》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

    埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

  2. 「非対称パスワード認証」の実証に成功、パスワード漏えいの脅威を一掃

    「非対称パスワード認証」の実証に成功、パスワード漏えいの脅威を一掃

  3. 田沢医院にランサムウェア攻撃、電子カルテシステムが使用できない状況に

    田沢医院にランサムウェア攻撃、電子カルテシステムが使用できない状況に

  4. サイバー犯罪インテリジェンス企業 KELA社が日本で初めてワークショップ開催、アナリスト池上遥氏 登壇(CPEクレジット付与)

    サイバー犯罪インテリジェンス企業 KELA社が日本で初めてワークショップ開催、アナリスト池上遥氏 登壇(CPEクレジット付与)PR

  5. 契約に反し個人情報取扱事務を再委託、横浜市委託先でPC盗難被害

    契約に反し個人情報取扱事務を再委託、横浜市委託先でPC盗難被害

  6. 庁内グループウェアへの不正ログインを繰り返した職員を戒告処分

    庁内グループウェアへの不正ログインを繰り返した職員を戒告処分

  7. 水道メータ取替業務 委託先社員、業務上知った個人情報もとにLINEで連絡

    水道メータ取替業務 委託先社員、業務上知った個人情報もとにLINEで連絡

  8. 秘匿処理が不十分、三重大学の提出資料 個人情報が閲覧可能な状態に

    秘匿処理が不十分、三重大学の提出資料 個人情報が閲覧可能な状態に

  9. サプライチェーンのセキュリティマネジメントの現状

    サプライチェーンのセキュリティマネジメントの現状

  10. 8大詐欺ワードとは、VISAグローバル調査

    8大詐欺ワードとは、VISAグローバル調査

ランキングをもっと見る