金融独立国シンガポール、なりすましメールやフィッシング詐欺と総力戦開始 ~ 財務相「損失発生時に顧客と銀行は責任を共有することになる」 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

金融独立国シンガポール、なりすましメールやフィッシング詐欺と総力戦開始 ~ 財務相「損失発生時に顧客と銀行は責任を共有することになる」

 シンガポールは、フィッシングやなりすまし(スプーフィング)を撲滅するための取り組みを強化すると、関係閣僚たちが火曜日に同国議会で発表した。

国際 TheRegister
シンガポール政府、なりすましメールやフィッシング詐欺と総力戦開始 ~ 財務相「損失発生時には顧客と銀行が責任を共有することになる」
シンガポール政府、なりすましメールやフィッシング詐欺と総力戦開始 ~ 財務相「損失発生時には顧客と銀行が責任を共有することになる」 全 1 枚 拡大写真

 シンガポールは、フィッシングやなりすまし(スプーフィング)を撲滅するための取り組みを強化すると、関係閣僚たちが火曜日に同国議会で発表した。

 最近、ネットからの攻撃や詐欺(スキャム)の事例が急増していることから、この話題は閣僚間で注目された。その代表的な例が、東南アジア第 2 位の銀行であるオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)に対する攻撃だ。OCBC銀行の詐欺事件では、ローレンス・ウォン財務相が、シンガポールで起こった「これまでで最も深刻なフィッシング詐欺」と称したように、脅威アクター(企業や組織に脅威を与える役者)となる人物がテキストメッセージを偽装して 790 人の顧客から合計 1,370 万シンガポールドル(約 1,020 万米ドル)を盗み出している。


《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

    東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

  2. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  3. 「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  4. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  5. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  6. 警察庁、サイバー事案通報の統一窓口を設置

    警察庁、サイバー事案通報の統一窓口を設置

  7. 委託事業者が回収処理した国民健康保険証、拾得物として警察署に届く

    委託事業者が回収処理した国民健康保険証、拾得物として警察署に届く

  8. チラシ記載の QR コードを誤って管理者用 URL から作成、申込者の個人情報が閲覧可能に

    チラシ記載の QR コードを誤って管理者用 URL から作成、申込者の個人情報が閲覧可能に

  9. マイクロソフトが 4 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 1 件

    マイクロソフトが 4 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 1 件

  10. 日水コン コーポレートサイトに不正アクセス、個人情報一部流出の可能性

    日水コン コーポレートサイトに不正アクセス、個人情報一部流出の可能性

ランキングをもっと見る