LogStare「Interop Tokyo 2022」レポート、CTOの堀野友之氏による講演やShowNetのモニタリング・AI予測など | ScanNetSecurity
2022.09.26(月)

LogStare「Interop Tokyo 2022」レポート、CTOの堀野友之氏による講演やShowNetのモニタリング・AI予測など

 株式会社LogStareは6月23日、6月15日から17日に幕張メッセで開催された「Interop Tokyo 2022」のレポートを発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

 株式会社LogStareは6月23日、6月15日から17日に幕張メッセで開催された「Interop Tokyo 2022」のレポートを発表した。

 会期3日目に行われた展示会場内セミナーでは、同社取締役CTOの堀野友之氏による講演「あらゆる企業に、今なぜセキュリティ強化が必要なのか? 歴20年のSOC事業者によるサイバー攻撃の傾向と対策2022」が行われ、近年のサイバー攻撃の傾向と実際の事例と対策を紹介、定員60名のところ90名ほどの参加があった。

 また同社が開発するマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare Quint」をShowNetのモニタリングツールとしてコントリビュート、監視端末750台、監視項目13,000ポイント超をモニタリングし、ネットワークの可視化とSyslogのレポートに加え、AIによるトラフィックやログ量の将来予測を実施した。

 「LogStare Quint」は受賞は逃したが、Best of Show Awardのファイナリストにも選出され、数少ない国産のセキュリティ管理製品として健闘した。

 「Interop Tokyo 2022」は6月20日から7月1日まで、オンライン開催されている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

    不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

  2. 「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

    「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

  3. 警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

    警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

  4. ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

    ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

  5. 元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

    元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

  6. NECグループ製品セキュリティ情報に3件追加

    NECグループ製品セキュリティ情報に3件追加

  7. 日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

    日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

  8. セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法

    セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法PR

  9. 拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

    拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

  10. 2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

    2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

ランキングをもっと見る