ギリシャで開催されたサイバーセキュリティ競技世界大会、日本含むアジアチームが準優勝飾る | ScanNetSecurity
2022.09.26(月)

ギリシャで開催されたサイバーセキュリティ競技世界大会、日本含むアジアチームが準優勝飾る

ギリシャのアテネで、26 歳以下の技術者を対象にしたサイバーセキュリティ競技大会が開催され、日本を含むアジア地域 8 カ国の代表選手 15 名で構成される「ACSC Team」が総合順位で準優勝した。

国際 海外情報

 6 月 14 から 17 日、ギリシャのアテネで、26 歳以下の技術者を対象にしたサイバーセキュリティ競技大会が開催され、アジア地域 8 カ国(日本・韓国・台湾・シンガポール・マレーシア・タイ・ベトナム・インド)の代表選手 15 名で構成される「ACSC Team」が総合順位で準優勝した。

 サイバーセキュリティ競技大会の名称は「ICC(International Cybersecurity Challenge)」で、今回が第 1 回目の開催となる。欧州ネットワーク情報セキュリティ機関(ENISA:European Union Agency for Cybersecurity)が発起人となり、ヨーロッパ、アメリカ合衆国、カナダ、オセアニア、ラテンアメリカ、アフリカの 7 つの国または地域の代表で構成された ICC 実行委員会が主催した。

 ENISA は過去数年間、EU 圏内でホスト国を交代しながら CTF 大会を毎年開催していたが、それを地球規模の大会にしてはどうかと ENISA 内で企画が出された。すなわち地球をいくつかの領域に分け、その領域の選抜チームが出場するチャンピオンシップ大会である。

 ICC 2022 の開催準備や日本チームの編成等多方面に尽力した、セキュリティ・キャンプ国際連携 WG リーダー 篠田佳奈氏によれば「アジアチームは 6 月 12 日に現地入りし、事前トレーニングを行うことができない状態で競技に臨んだが、チームメンバー同士素晴らしい共助を見せた(篠田氏)」という。

 ACSC Teamは、初日の競技で 2 位、2日目の競技で 1 位、総合順位で準優勝を飾った。最終スコアは下記の通り。

ICC 2022
(凡例:順位 国・地域/スコア)
 1 位 ヨーロッパ/12,961
 2 位 アジア/10,724
 3 位 合衆国/7,765
 4 位 オセアニア/7,447
 5 位 カナダ/3,643
 6 位 ラテンアメリカ/1,722
 7 位 アフリカ/981

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

    「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

  2. 不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

    不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

  3. ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

    ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

  4. 警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

    警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

  5. 元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

    元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

  6. 日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

    日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

  7. セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法

    セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法PR

  8. NECグループ製品セキュリティ情報に3件追加

    NECグループ製品セキュリティ情報に3件追加

  9. 2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

    2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

  10. 拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

    拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

ランキングをもっと見る