TSS LINKの情報漏えい対策ソフト「トランセーファー BASIC」Ver.4.1リリース、Microsoft Edge WebView2 に対応 | ScanNetSecurity
2022.09.26(月)

TSS LINKの情報漏えい対策ソフト「トランセーファー BASIC」Ver.4.1リリース、Microsoft Edge WebView2 に対応

 株式会社ティエスエスリンクは7月25日、ファイルの情報漏えい対策ソフト「トランセーファー BASIC Ver.4.1」の同日からの発売を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ティエスエスリンクは7月25日、ファイルの情報漏えい対策ソフト「トランセーファー BASIC Ver.4.1」の同日からの発売を発表した。

 「トランセーファー BASIC」は、機密性の高いファイルの共有に適した情報漏えい対策ソフトで、PDFやMicrosoftのWord、Excel、PowerPointなどのファイルに、「閲覧」「閲覧印刷」「復号」の3種の利用権限とパスワードを設定し暗号化、ファイルのコピーや印刷を禁止することで不正な二次利用を防止する。暗号化したファイルには有効期限を設定し、期限が切れると自動削除もできる。

 これまでトランセーファー BASICで暗号化したPDFファイルの閲覧には、トランセーファー BASIC専用閲覧ツールと Adobe Acrobat/Readerが必要だったが、最新版となる Ver.4.1では Microsoft Edge WebView2 に対応することで、専用閲覧ツールだけで暗号化PDFファイルの閲覧が可能となった。WebView2は、Windows11、Microsoft Teamsなどに標準でコンポーネントが含まれている。

 本誌の取材に対しティエスエスリンクの徳田俊康氏は「これまでPDFの閲覧は、Adobe Acrobat ReaderのコンポーネントとOSに付属しているPDF表示の機能を使用していたが、今回新たにMicrosoft EdgeのPDF表示コンポーネントであるWebView2を使えるようにしたことで、Acrobat Readerのインストールが不要になった。これによってAcrobat Readerのバージョンアップによる閲覧環境への影響がなくなる」と回答した。

 「トランセーファー BASIC Ver.4.1」は、5ライセンス含む基本パックが30万円から、追加5ライセンスパックが10万円からの提供となる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

    「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

  2. ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

    ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

  3. 警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

    警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

  4. 不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

    不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

  5. 元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

    元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

  6. セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法

    セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法PR

  7. 日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

    日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

  8. 拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

    拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

  9. 2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

    2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

  10. 「情報セキュリティ2012」を決定、環境変化への対応を盛り込む(NISC)

    「情報セキュリティ2012」を決定、環境変化への対応を盛り込む(NISC)

ランキングをもっと見る