データ強盗に遭った英大手人材紹介会社、外部開発者を「認証情報を不適切に保存」と非難 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

データ強盗に遭った英大手人材紹介会社、外部開発者を「認証情報を不適切に保存」と非難

 イギリスの人材紹介会社モーガン・ハントについては、悪いニュースが続いている。登録されているフリーランサーの個人情報の一部がデジタル強盗によって持ち去られたことが確認された。

国際 TheRegister
データ強盗に遭った英大手人材紹介会社、外部開発者を「認証情報を不適切に保存」と非難
データ強盗に遭った英大手人材紹介会社、外部開発者を「認証情報を不適切に保存」と非難 全 1 枚 拡大写真

 イギリスの人材紹介会社モーガン・ハントについては、悪いニュースが続いている。登録されているフリーランサーの個人情報の一部がデジタル強盗によって持ち去られたことが確認された。

 慈善教育・金融・政府・住宅・技術といった分野の顧客に人材サービスを提供するモーガン・ハントは、契約者への手紙の中で侵入が起きたことを次のように認めた。

 「モーガン・ハントは最近、サイバーセキュリティ上の問題を経験しました。当社のデータベースの 1 つが影響を受け、無許可の第三者が当社のシステムにアクセスしたのです。残念ながら、当社の調査の結果、アクセスされたデータベースに貴殿の個人情報の一部が含まれており、コピーされた可能性があることが判明しました」


《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  3. 岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

    岡山県精神科医療センターへのランサムウェア攻撃、最大約 40,000 人分の患者情報が流出した可能性

  4. マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソード

    マクニカネットワークスが忘れない CrowdStrike 三つのエピソードPR

  5. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

ランキングをもっと見る
PageTop