新たにクラウド型WAF「SiteGuard Cloud Edition」を提供 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

新たにクラウド型WAF「SiteGuard Cloud Edition」を提供

 EGセキュアソリューションズ株式会社は9月5日、純国産ソフトウェア型WAF「SiteGuardシリーズ」から、新たにクラウド型WAF「SiteGuard Cloud Edition」を9月30日に販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 EGセキュアソリューションズ株式会社は9月5日、純国産ソフトウェア型WAF「SiteGuardシリーズ」から、新たにクラウド型WAF「SiteGuard Cloud Edition」を9月30日に販売開始すると発表した。

 「SiteGuardシリーズ」は、Webアプリケーションの脆弱性を悪用した様々な攻撃への防御とユーザビリティの両立を実現した純国産型のソフトウェア型WAF製品で、国内100万サイト以上で利用されている。

 これまで提供してきた、インフラ環境を問わず多様なシステム環境で利用できるホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」とゲートウェイ型WAF「SiteGuard Proxy Edition」に加え、導入がより容易で運用負荷の低減ができるクラウド型WAF「SiteGuard Cloud Edition」が新たに加わることで、様々なニーズに柔軟に対応する。

 「SiteGuard Cloud Edition」はクラウド型WAFのため、新たな機器を設置やインストール作業は不要でDNSの設定を切り替えるだけで導入が可能となる。通信量に合ったプランを選定することで、無駄なくWebサイトのセキュリティを向上できる。登録可能な最大サイト数は、プランにより10~100サイトまで対応可能となっている。

 価格は通信量400GBまでのプランの場合、初期費用が100,000円、月額費用は25,000円から。

《高橋 潤哉》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop