Microsoft Exchange サーバにゼロデイ脆弱性、悪用した攻撃も確認 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

Microsoft Exchange サーバにゼロデイ脆弱性、悪用した攻撃も確認

日本マイクロソフト株式会社は9月30日、Microsoft Exchange サーバのゼロデイ脆弱性について同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 日本マイクロソフト株式会社は9月30日、Microsoft Exchange サーバのゼロデイ脆弱性について同社ブログで発表した。ベトナムに本拠を持つセキュリティ企業「GTSC」が同社ブログで公開し、トレンドマイクロが運営するZero Day Initiativeを経由しマイクロソフトに報告を行っている。

 マイクロソフトでは現在、Microsoft Exchange Server 2013、2016、2019 に影響を及ぼす2件のゼロデイの脆弱性を調査している。1件目は、サーバーサイド リクエスト フォージェリ(SSRF)の脆弱性(CVE-2022-41040)で、2件目はPowerShell に攻撃者がアクセスできる場合にリモートでコードが実行される(RCE)可能性がある脆弱性(CVE-2022-41082)。

 マイクロソフトでは現時点で、これら2つの脆弱性を使用してユーザーのシステムに侵入する限定的な標的型攻撃を確認している。これらの攻撃では、CVE-2022-41040 により認証された攻撃者が CVE-2022-41082 をリモートで実行する可能性がある。これら2つの脆弱性のいずれかを悪用するには、脆弱な Exchange Server への認証されたアクセスが必要となる。

 マイクロソフトでは修正プログラムをリリースするまでの間、緩和策と検出に関するガイダンスを提供している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る