半導体安定供給で返り咲いたSonicWall、セキュアヴェイル「NetStare」が対応 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

半導体安定供給で返り咲いたSonicWall、セキュアヴェイル「NetStare」が対応

 株式会社セキュアヴェイルは12月20日、ソニックウォール・ジャパン株式会社と連携し統合セキュリティ運用サービス「NetStare」が提供するSonicWall UTMの運用・監視サービスの拡張を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
SonicWall運用監視サービスのWebサイト
SonicWall運用監視サービスのWebサイト 全 1 枚 拡大写真

 株式会社セキュアヴェイルは12月20日、ソニックウォール・ジャパン株式会社と連携し統合セキュリティ運用サービス「NetStare」が提供するSonicWall UTMの運用・監視サービスの拡張を発表した。

 セキュアヴェイルが創業から20年にわたり提供する「NetStare」は、SOC(Security Operation Center)とNOC (Network Operation Center)を融合させた24時間365日体制の統合セキュリティ運用サービスで、ユーザー企業のネットワーク機器を常時1.1万台以上監視し、 1日25億件の膨大なログを収集、 機器故障や通信障害、サイバー攻撃などをいち早く発見するとともに、インシデント発生時の原因調査と復旧を支援する。

 NetStareは7月に、ソニックウォール・ジャパンの支援のもとSonicWall次世代ファイアウォールGen7 UTM「TZシリーズ」「NSaシリーズ」の運用・監視サービスをリリースしていたが、サービス内容を拡張し、従来の稼働状況やセキュリティ機能の監視に加え、脆弱性管理やOSのバージョンアップ作業、専門のエンジニアによる24時間365日のヘルプデスクを提供する。

 SonicWall UTMは、昨今の半導体不足の中で安定的なハードウェア供給を実現し国内で猛烈にシェアを拡大しており、富士キメラ総研の調べによれば2021年度の次世代ファイアウォール国内出荷台数No.1を獲得したという。

 さらに今後は、定期的なログ解析によるセキュリティリスク分析への対応など、より高いセキュリティレベルを提供するセキュリティ運用サービスに進化する予定。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop