富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信、京セラのメールデータの一部が外部流出した可能性 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

富士通 FENICS のネットワーク機器での不正通信、京セラのメールデータの一部が外部流出した可能性

 京セラ株式会社は3月10日、同社が利用するサービスへの不正アクセスについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真

 京セラ株式会社は3月10日、同社が利用するサービスへの不正アクセスについて発表した。

 これは同社およびグループ会社の一部で利用する富士通株式会社が提供するFENICSインターネットサービスに不正アクセスがあり、同サービスを利用して送受信したメールデータの一部が外部流出した可能性が判明したというもの。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

ランキングをもっと見る
PageTop