顧客へのフィッシング対策「特に行っていない」38%最多、警察庁調査 | ScanNetSecurity
2024.06.16(日)

顧客へのフィッシング対策「特に行っていない」38%最多、警察庁調査

 警察庁は3月、サイバー犯罪被害に係る企業・団体を対象としたアンケート調査結果と対策を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
顧客に対するフィッシング対策
顧客に対するフィッシング対策 全 1 枚 拡大写真

 警察庁は3月、サイバー犯罪被害に係る企業・団体を対象としたアンケート調査結果と対策を発表した。

 同調査は2022年9月9日から12月7日に、国内の企業等2,950社を無作為に抽出し、590件の有効回答をまとめたもの。

 調査結果によると過去1年以内に被害を受けたことのある団体では、1位が「ホームページの改ざん」で24.5%、「メール不正中継」が22.4%、「ランサムウェア」が12.2%と続いた。

 顧客に対するフィッシング対策としては、「顧客に対する注意喚起」が33.2%、「送信ドメイン認証等」が30.8%、「フィッシングサイトの監視」が8.8%を占めたが、「特に行っていない」が38.0%で最多となった。送信ドメイン認証の導入状況は「SPF」が34.2%、「DKIM」が15.6%、「DMARC」が10.0%であった。

 同庁ではサイバー犯罪被害に遭わない、被害を与えないために、下記の対策を実施するよう案内している。

・ホームページの改ざん対策
OS・Webサーバソフト・CMSの更新
Webアプリケーションの脆弱性対策
WAFの導入

・メール不正中継対策
不用意にメールの添付ファイルを開いたり、メール本文中のURLをクリックしない
不用意に添付ファイルのマクロを有効にしない
ウイルス対策ソフトの更新

・ランサムウェア対策
最新パッチの適用などVPN機器等の脆弱性対策
認証情報の適切な管理やアクセス権等の最小化
データのバックアップ等の取得

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

  2. 2022年のウイルス届出件数、Emotet感染被害は145件

    2022年のウイルス届出件数、Emotet感染被害は145件

  3. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  4. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  5. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

ランキングをもっと見る
PageTop