ロシアのスノーデンか「Vulkanファイル」流出 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

ロシアのスノーデンか「Vulkanファイル」流出

 正体不明の情報提供者が、モスクワの IT コンサルタント企業「NTC Vulkan」のリーク文書にアクセスし複数のメディアに提供した。同文書は、同社がロシア軍や情報機関をサイバー戦争ツールでどのように支援しているかを明らかにしているという。

国際 TheRegister
(イメージ画像)
(イメージ画像) 全 1 枚 拡大写真

 正体不明の内部告発者(Whistleblower)が、モスクワの IT コンサルタント企業「NTC Vulkan」のリーク文書にアクセスし複数のメディアに提供した。同文書は、同社がロシア軍や情報機関をサイバー戦争ツールでどのように支援しているかを明らかにしているという。

 独週刊誌 Der Spiegel とミュンヘンの調査グループ「Paper Trail Media」のジャーナリストたちはこの数ヶ月間、「The Guardian」「ZDF(第2ドイツテレビ)」「Der Standard(オーストリア)」「Tamedia Group(スイス)」「The Washington Post」「Süddeutsche Zeitung」「Le Monde」とともに、同情報提供者と協力して「The Vulkan Files」と呼ばれるこれらの文書について説明した一連の記事を発表した。

  このリーク情報は、NSA の元契約者エドワード・スノーデン(偶然にも現在はロシア国籍だ)が 2013 年に公開した米国の機密監視情報に類似している。

 The Guardian によると、この新たな情報提供者は、ロシアの血なまぐさいウクライナ侵攻に対する怒りと、ロシア国内で起こっていることの一部を明らかにする情報を公開したいという思いからロシアの秘密文書を配布することを選択したという。

 西側の 5 つの情報機関が確認したとされるこのファイルには、ウクライナで報告された停電や韓国におけるオリンピックの妨害といった大規模なセキュリティ事件や、悪名高きマルウェア「NotPetya」の作成に関与したさまざまなロシアのハッキングツールについて書かれている。


《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

    東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

  2. 「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  3. 転職先で営業活動に活用、プルデンシャル生命保険 元社員 顧客情報持ち出し

    転職先で営業活動に活用、プルデンシャル生命保険 元社員 顧客情報持ち出し

  4. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  5. 委託事業者が回収処理した国民健康保険証、拾得物として警察署に届く

    委託事業者が回収処理した国民健康保険証、拾得物として警察署に届く

ランキングをもっと見る
PageTop