南海電鉄運営のシェアオフィス「Lieffice」公式サイトに不正アクセス、最大 3,720 の個人情報漏えいの可能性 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

南海電鉄運営のシェアオフィス「Lieffice」公式サイトに不正アクセス、最大 3,720 の個人情報漏えいの可能性

 南海電気鉄道株式会社は7月7日、同社が運営するシェアオフィス「Lieffice」の公式ウェブサイトへの不正アクセスについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真

 南海電気鉄道株式会社は7月7日、同社が運営するシェアオフィス「Lieffice」の公式ウェブサイトへの不正アクセスについて発表した。

 これは同社が運営するシェアオフィス「Lieffice」の公式ウェブサイト( https://lieffice.com/ )に外部から不正アクセスがあり、当該サイトに登録した顧客の情報が漏えいした可能性が7月3日午後5時頃に判明したというもの。 当該サイトは現在、メンテナンス実施しており利用できない。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

    クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

  2. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  3. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  4. 総務省 SBOM 対応ノスゝメ

    総務省 SBOM 対応ノスゝメ

  5. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

ランキングをもっと見る
PageTop