データベースに不正アクセス、ダークウェブで売却した IT 管理者 5 年半の実刑判決 | ScanNetSecurity
2024.06.14(金)

データベースに不正アクセス、ダークウェブで売却した IT 管理者 5 年半の実刑判決

 裁判記録によると、フーパーは 2018 年 8 月、データベースを運営する匿名の会社にアカウントを開設し、後にそのアカウントから窃盗に及んだという。

国際 TheRegister
データベースに不正アクセス、ダークウェブで売却した IT 管理者 5 年半の実刑判決(画像はイメージ)
データベースに不正アクセス、ダークウェブで売却した IT 管理者 5 年半の実刑判決(画像はイメージ) 全 1 枚 拡大写真

 米海軍の元 IT 管理者がダークウェブで数千名分の個人データを売却したとして、5 年半の実刑判決を受けた。

 マーキス・フーパーは、上等兵曹を務めていた当時、何百万件もの記録を収めたデータベースにアクセスし、5 か月の間に 9,000 名分以上の情報をオンラインで売却した。

 検察によれば、フーパーと本件の共同被告であり、元海軍予備役でもある妻のナターシャ・チョークが得た総額は、16 万ドル相当のビットコインにのぼるという。

 オンラインで販売されたデータは、後に犯罪者により悪用されている。ある事例では、購入したデータで運転免許証を偽造し、それを使って銀行から預金を引き出そうとした。

 フーパーは最高で懲役 20 年、罰金 25 万ドルを求刑されたが、今回の判決はそれをはるかに下回るものであった。


《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  2. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  3. 九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

    九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

  4. 海外サイトに顧客情報が掲載 ~「転職支援サイト」 に不正アクセス

    海外サイトに顧客情報が掲載 ~「転職支援サイト」 に不正アクセス

  5. 2023年届出件数 過去最高 100万件超え「フィッシングレポート 2024」公開

    2023年届出件数 過去最高 100万件超え「フィッシングレポート 2024」公開

ランキングをもっと見る
PageTop