Linux Kernel に解放済みメモリの使用に関する脆弱性 | ScanNetSecurity
2024.07.19(金)

Linux Kernel に解放済みメモリの使用に関する脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月10日、Linux の Linux Kernel における解放済みメモリの使用に関する脆弱性について「JVN iPedia」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は11月10日、Linux の Linux Kernel における解放済みメモリの使用に関する脆弱性について「JVN iPedia」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

・Linux
Linux Kernel 5.6 以上 5.10.80 未満
Linux Kernel 5.11 以上 5.14.19 未満
Linux Kernel 5.15 以上 5.15.3 未満

 Linux の Linux Kernel には、解放済みメモリの使用に関する脆弱性が存在し、想定される影響としては、情報を取得される、情報を改ざんされる、サービス運用妨害(DoS)状態にされる可能性がある。

 JVN iPediaでは、ベンダ情報を参照して適切な対策を実施するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  2. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  3. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  4. 本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選

    本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選PR

  5. 浪江町職員が不正アクセスで逮捕

    浪江町職員が不正アクセスで逮捕

  6. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

    日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  7. ユニテックフーズに不正アクセス、サーバ上のファイルの拡張子が書き換えられる

    ユニテックフーズに不正アクセス、サーバ上のファイルの拡張子が書き換えられる

  8. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  9. わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

    わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

  10. JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

    JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

ランキングをもっと見る