社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に | ScanNetSecurity
2024.06.18(火)

社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

 株式会社シンゾーンは5月22日、同社が管理する社内用ポータルサイトでの個人情報漏えいの可能性について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真

 株式会社シンゾーンは5月22日、同社が管理する社内用ポータルサイトでの個人情報漏えいの可能性について発表した。

 これは同社が管理する社内用ポータルサイトが、クラウド環境の誤設定で公開状態となっていたため、ポータルサイト上で管理している顧客情報や同社従業員の情報を含む個人情報が外部からアクセス可能な状態となっていたというもの。5月15日に判明しており、現時点で不正アクセスが原因である可能性は低いとのこと。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  2. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

  3. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  4. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  5. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

ランキングをもっと見る
PageTop