一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2020.02.18(火)

一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書 ブックレビュー

「噂の学園一美少女な先輩がモブの俺に惚れてるって、これなんのバグですか?」
「噂の学園一美少女な先輩がモブの俺に惚れてるって、これなんのバグですか?」

この記事の写真

/

関連ニュース

PageTop

ブックレビュー人気記事

  1. サイバーリスク対応優先度は経営課題 12 項目中最下位、1 %台(日本損害保険協会)

    サイバーリスク対応優先度は経営課題 12 項目中最下位、1 %台(日本損害保険協会)

  2. 一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは

    一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは

  3. 第1回の結果・講評から読み解く、サイバーセキュリティ小説コンテストの対策とは

    第1回の結果・講評から読み解く、サイバーセキュリティ小説コンテストの対策とは

  4. 第 3 回「日本で起こるかもしれないこと」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

    第 3 回「日本で起こるかもしれないこと」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

  5. 第 1 回「ロシアのネット世論操作部隊 IRA 作戦概要、11 の要点」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

    第 1 回「ロシアのネット世論操作部隊 IRA 作戦概要、11 の要点」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

  6. 標的型攻撃メールや詐欺・悪質商法が増加--サイバー空間の脅威情勢(警視庁)

    標的型攻撃メールや詐欺・悪質商法が増加--サイバー空間の脅威情勢(警視庁)

  7. 作家一田和樹氏が「ある意味、当然の受賞だったかもしれません」と言った理由とは

    作家一田和樹氏が「ある意味、当然の受賞だったかもしれません」と言った理由とは

  8. 「超限戦」時代、軍事大国アメリカの迷走 - 書評「大統領失踪」

    「超限戦」時代、軍事大国アメリカの迷走 - 書評「大統領失踪」

  9. 書評「Dark Territory」(1) アメリカでサイバー戦が重要課題となるまでの軌跡

    書評「Dark Territory」(1) アメリカでサイバー戦が重要課題となるまでの軌跡

  10. 一田和樹「サイバークライム 悪意のファネル」(ブックレビュー)

    一田和樹「サイバークライム 悪意のファネル」(ブックレビュー)

ランキングをもっと見る