社長犯行 会社黙殺 報道沈黙、ジャニーズ事務所 外部チームの調査報告書公開 | ScanNetSecurity
2024.06.22(土)

社長犯行 会社黙殺 報道沈黙、ジャニーズ事務所 外部チームの調査報告書公開

 同報告書は藤島ジュリー景子現社長の辞任を迫るなど苛烈な内容であり、主要テレビ局も見解を表明している。

調査・レポート・白書・ガイドライン ブックレビュー
調査報告書(公表版)
調査報告書(公表版) 全 1 枚 拡大写真

 株式会社ジャニーズ事務所(Johnny&Associates,Inc.)は8月29日、再発防止特別チーム(外部専門家)による調査報告書を公開した。

 同社創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題、それに対する同社のガバナンス上の問題を指摘したものだが、経営体制や株主構成、犯罪事実の詳細、故人の性嗜好異常、同社が放置・隠蔽に荷担した経緯が生々しくかつ詳細に指摘されている。被害者数は「少なく見積もっても数百人」だという。

 報告書は概要版(2ページ)と公表版(71ページ)が公開されており、「事実関係」「原因」「背景」「再発防止策」が詳述されている。とくに再発防止策は、本事案の本質を指摘するだけでなく、ジャニーズ事務所がとるべき対応、被害者の救済措置、人権方針の策定と実施、研修の充実、ガバナンスの強化などに言及し、現社長である藤島ジュリー景子氏の辞任を迫るなど、コンプライアンスを重視した苛烈な内容となっている。

 なおジャニーズ事務所は調査結果を踏まえあらためて記者会見を実施する予定。また、NHK、日本テレビ、TBSなど在京のキーテレビ局もこの調査報告書に対する見解を表明している(いずれもPDFファイル)。

《冨岡 晶( Akira Tomioka )》

この記事の写真

/

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  2. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  3. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  4. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのはおまえらでは

    今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのはおまえらでは

  5. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

    セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨PR

ランキングをもっと見る
PageTop