シンクライアントに変革をもたらす「PacketiX Desktop VPN」 (1) 「PacketiX Desktop VPN」の概要 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

シンクライアントに変革をもたらす「PacketiX Desktop VPN」 (1) 「PacketiX Desktop VPN」の概要

近年、インターネットの発展に伴い、リモートアクセスによって、自宅に居ながらにして会社などの遠隔地のPCにアクセスし作業することも可能となりました。

特集 特集
近年、インターネットの発展に伴い、リモートアクセスによって、自宅に居ながらにして会社などの遠隔地のPCにアクセスし作業することも可能となりました。

しかしその場合には、ネットワークの複雑な設定が必要であり、また部外者に不正アクセスされたり、自宅PCから会社の情報が漏洩してしまう可能性もあり、これら全ての危険を排除することは困難でした。

これらの問題を解決し、安全で簡単に利用できるのが、ソフトイーサ株式会社のソフトウェア「PacketiX Desktop VPN」を利用したサービスで、日本SGI 株式会社、ソフトバンク BB 株式会社、NEC ビッグローブ株式会社より提供されています。

「PacketiX Desktop VPN」は、インターネットを介してリモートにあるPCに安全にアクセスできるリモートアクセス技術で、以下のような特長があります。

・使用にあたってネットワーク上にサーバーを設置する必要が無い
・ファイアウォール等に穴を開けたり、 DMZ 等の設定を行う必要が無い
・ネットワークやセキュリティに詳しくないユーザーがいい加減に利用しても、情報漏えにつながる可能性が殆どない
・月額料金制で利用が可能

本稿では、「PacketiX Desktop VPN」の開発者である登大遊 氏が、本サービスの概要、使用方法、情報漏えい防止機能の仕組み、他のシンクライアント型ソフトウェア(Windows XP Professional のリモートデスクトップ、Citrix社 MetaFrame 等)との比較、製品の意義などについて述べます。

● Desktop VPN の概要

PacketiX(パケティックス) Desktop VPN は、ソフトイーサ株式会社が開発したシンクライアント型のリモートアクセス技術です。シンクライアントを実現する従来の技術はいくつかありますが、Desktop VPN は使用するにあたってネットワーク上にサーバーを設置する必要が無いこと、ファイアウォール等に穴を開けたり DMZ 等の設定を行う必要が無いこと、オペレーティングシステム側で特別なシンクライアント用のライセンスが不要であること、および、月額料金制で利用可能なことなどの特徴があります。

Desktop VPN は当社の VPN ソフトウェアのブランドである PacketiX の一製品として開発しました。当社は 2005 年より「PacketiX (パケティックス)VPN 2.0」を販売しており、同ソフトウェアは日本国内において 35,000 ライセンス以上の実績があります。Desktop VPN は PacketiX VPN 2.0 を開発・販売することによって得られた知見を基に、シンクライアント専用のリモートアクセスソフトウェアとして新たに開発いたしました。

Desktop VPN は当社が開発したソフトウェア技術ですが、現在、以下の 3社から法人向けインターネットサービスとして一般のお客様向けに提供させていただいております。

・日本 SGI 株式会社による DesktopVPN サービス
http://www.desktopvpn.net/
・ソフトバンク BB 株式会社による DesktopVPN サービス
http://www2.teki-paki.com/html/communication/desktopvpn/
・NEC ビッグローブ株式会社による FirstVPN サービス
http://office.biglobe.ne.jp/service/asp/f-vpn/

●情報漏洩を防止しつつ社内の PC や LAN へのアクセスを可能にする

通常、ネットワーク製品は、設定・使用にあたって非常に難解なマニュアル等を理解したり、ネットワークに関する専門的知識が必要になったりする場合があります。特に VPN に関しては、社内の LAN に社外からのアクセスが可能となるテクノロジーであるため、設定を誤ると部外者による不正アクセスを可能にしてしまう可能性があり、情報漏洩につながる危険性もあります。そのため、その設定は慎重に行う必要があります。さらに、VPN の設定を正しく行った場合でも、社員が VPN を使用する場合に各社員が十分注意をしなければ、VPN を経由して機密情報が社外に出てしまい、社外の PC を経由して重要なデータが漏洩してしまう可能性があります。

Desktop VPN を使用すると、社外の PC から社内の PC や LAN にとても簡単にアクセスすることが可能です。しかも、他の VPN 技術と比較すると、Desktop VPN をネットワークやセキュリティについてあまり詳しくない社員がいい加減に Desktop VPN を利用した場合でも、情報漏洩につながる可能性はほとんどありません。また、標準の状態で少なくともパスワードによるユーザー認証が必須の設定となっており、認証設定をいい加減にしていた場合でも、部外者の侵入を防止することができます。

したがって、Desktop VPN は…

図1: PacketiX Desktop VPN による安全なリモートアクセス


【執筆:ソフトイーサ株式会社 登 大遊】

【関連記事】
シンクライアントに変革をもたらす「PacketiX Desktop VPN」 (2) Desktop VPN の使用方法と情報漏洩の防止機能について
https://www.netsecurity.ne.jp/3_11715.html
シンクライアントに変革をもたらす「PacketiX Desktop VPN」 (3) Windows RDT、VNC、Citrix MetaFrame、TSG、MagicConnectとの比較
https://www.netsecurity.ne.jp/3_11755.html

【関連リンク】
PacketiX Desktop VPN Webサイト
http://www.softether.com/jp/desktop/
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw

《ScanNetSecurity》

PageTop

アクセスランキング

  1. 東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

    東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

  2. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  3. 「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  4. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  5. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  6. 警察庁、サイバー事案通報の統一窓口を設置

    警察庁、サイバー事案通報の統一窓口を設置

  7. 委託事業者が回収処理した国民健康保険証、拾得物として警察署に届く

    委託事業者が回収処理した国民健康保険証、拾得物として警察署に届く

  8. チラシ記載の QR コードを誤って管理者用 URL から作成、申込者の個人情報が閲覧可能に

    チラシ記載の QR コードを誤って管理者用 URL から作成、申込者の個人情報が閲覧可能に

  9. マイクロソフトが 4 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 1 件

    マイクロソフトが 4 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 1 件

  10. 日水コン コーポレートサイトに不正アクセス、個人情報一部流出の可能性

    日水コン コーポレートサイトに不正アクセス、個人情報一部流出の可能性

ランキングをもっと見る