英国諜報機関 GCHQ の就職暗号解答編~専門家言「問題も報酬も期待外れ」(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

英国諜報機関 GCHQ の就職暗号解答編~専門家言「問題も報酬も期待外れ」(The Register)

政府通信本部GCHQ(英国諜報機関の一つ)による暗号解読問題が、この週末、解答された。

国際 TheRegister
政府通信本部GCHQ(英国諜報機関の一つ)による暗号解読問題が、この週末、解答された。

同通信諜報機関は先週、従来のように大学院課程を経ずに内定者を発掘する試みとして、canyoucrackit.co.ukに問題を掲載した。先週末、シンプルなGoogle検索により、問題の完了ページを入手できることが分かった。

以後、コンピューターサイエンティストで英グリニッジ大学の上級講師であるガレス・オーエン博士など、多くの人々が同コードを正しく解読した。オーエンは3部構成の問題の解き方のビデオ解説を、ここに掲載している。

暗号解読志望者たちに提示されたのはペアの16進数の16x10グリッドだ。最初のステージには、電子透かしの解読の他、実行コードの認識が含まれる。

第2ステージでは、コード実行のための仮想マシン開発が…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  2. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  5. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  6. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  7. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  8. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  9. IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

    IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

  10. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

ランキングをもっと見る