【フォトレポート】sutegoma2 が CTF で2連覇達成、HITB2012 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

【フォトレポート】sutegoma2 が CTF で2連覇達成、HITB2012

開催されたCTFでは、日本から参戦したチーム sutegoma2 が昨年につづき優勝し2連覇を達成した。HITB2012の模様を会場から20枚の写真でレポートする。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
HITB2012 CTFに優勝した日本人チームのsutegoma2のメンバーたち。去年に引き続いての二連覇を達成し、優勝賞金のUSD3133.70を手に入れた。(上野 宣)
HITB2012 CTFに優勝した日本人チームのsutegoma2のメンバーたち。去年に引き続いての二連覇を達成し、優勝賞金のUSD3133.70を手に入れた。(上野 宣) 全 19 枚 拡大写真
マレーシアのクアラルンプールで10月8日から11日、国際セキュリティ会議 HITB SECCONF 2012 が開催され、世界から集まった情報セキュリティの専門研究者や、著名ハッカーによる研究成果の発表と意見交換が行われた。

Apple製品を用いた組み込みシステムのリバースエンジニアリング手法やiOS6のカーネルハック方法、最近話題のHuaweiのファームウェアのハッキング、日本や韓国のセキュリティ事情に関する報告などが行われた他、開催されたチャリティーオークションでは、TEDの講演などで国際的に知名度が高いエフセキュア社のミッコ・ヒッポネン氏のブロンドの長髪がオークションに掛けられるなどのハプニングがあった。

同会議で開催されたCTF(ハッカー競技イベント)は、各チームが架空の原子力発電所を運営するという設定で行われた。原発サービスを運用している間はお金がもうかるという仕組みで、サービスのバイナリなどを解析し、敵チームへの攻撃やそれに対する防御などを行いながら戦う。このCTFに日本からは、sutegoma2 が参戦し、昨年につづき優勝し2連覇を達成した。本年は2位と大差をつけての優勝で、海外CTF大会のオンライン予選すら通過できない状態が何年も続いていた当時の sutegoma2 とは比べるべくもなく成長した。

このHITB2012の模様を約20枚の写真とともにレポートする。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

    クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

  5. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  6. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  7. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  8. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  9. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  10. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

ランキングをもっと見る