Huawei、米国の調査は「あらかじめ結論を決めていた」と主張〜議会はセキュリティ・リスクの「明らかな情報も証拠も」見つけていないと主張(The Register) | ScanNetSecurity
2020.02.26(水)

Huawei、米国の調査は「あらかじめ結論を決めていた」と主張〜議会はセキュリティ・リスクの「明らかな情報も証拠も」見つけていないと主張(The Register)

声明では「残念なことに、委員会の報告は我々が証明した米国、世界におけるネットワークセキュリティの実績を無視したばかりでなく、我々が提供した膨大な事実にも注意を払わなかった」と述べられており、その努力は実を結ばなかったようだ。

国際 TheRegister
Huaweiが、米下院の情報問題委員会が報告書で、同社をプライバシーやセキュリティを尊重するなら、米国の企業が避けるべき企業と決めつけたことに対し、反撃している。

ありがちな声明で同社は「…我々の最善の努力にも関わらず、委員会はあらかじめ決められた結論を表明したようだ。」と述べている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  2. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  3. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

  4. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  5. 「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

    「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

  6. 教育メニューにNRIセキュアの「セキュアEggs」を追加(GSX)

    教育メニューにNRIセキュアの「セキュアEggs」を追加(GSX)

  7. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  8. 保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

    保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

  9. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

    CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

  10. SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

    SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

ランキングをもっと見る