WindowsとLinuxを選択できるサーバ専用ウイルス・スパイウェア対策製品(キヤノンITS) | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

WindowsとLinuxを選択できるサーバ専用ウイルス・スパイウェア対策製品(キヤノンITS)

キヤノンITSは、Windowsサーバ用プログラムとLinuxサーバ用プログラムを選んで利用できるマルチプラットフォーム対応のサーバ専用ウイルス・スパイウェア対策製品を2月1日より出荷開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「ESET File Security for Linux / Windows Server」パッケージ
「ESET File Security for Linux / Windows Server」パッケージ 全 1 枚 拡大写真
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は1月22日、Windowsサーバ用プログラムとLinuxサーバ用プログラムを選んで利用できるマルチプラットフォーム対応のサーバ専用ウイルス・スパイウェア対策製品「ESET File Security for Linux / Windows Server」を2月1日より出荷開始すると発表した。希望小売価格は新規が20,000円、更新が10,000円(1ライセンス、1年間)。手動検査、常駐検査、感染ファイルの自動駆除、スケジュールスキャンといった機能を搭載するほか、Windowsサーバ版ではサーバ保護機能も搭載する。

本製品で新たに提供を開始するLinuxサーバ用プログラム「ESET File Security for Linux」は、これまでのESETセキュリティソフトウェアシリーズと同様に、ヒューリスティック機能を持つThreatSenseテクノロジーを搭載した。これにより、新種のマルウェアも高い確率で検出する。また、Windowsサーバ用プログラム「ESET File Security for Microsoft Windows Server」では、新たにWindows Server 2012 Essentialsに対応するなど対応環境が拡大した。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. コンサル契約にもとづき提供した秘密情報が漏えい

    コンサル契約にもとづき提供した秘密情報が漏えい

  2. Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

    Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

  3. ランサムウェアLockbit 2.0によるサイバー攻撃、電子カルテや院内LANシステムが使用不能に

    ランサムウェアLockbit 2.0によるサイバー攻撃、電子カルテや院内LANシステムが使用不能に

  4. 約12,200件の個人情報などを記録したUSBメモリを紛失(尼崎市シルバー人材センター)

    約12,200件の個人情報などを記録したUSBメモリを紛失(尼崎市シルバー人材センター)

  5. 2022年第1四半期のランサムウェア動向

    2022年第1四半期のランサムウェア動向

  6. SharePoint 及び OneDrive上のファイルを身代金請求できるMicrosoft Office 365の機能 ~ Proofpointが発見

    SharePoint 及び OneDrive上のファイルを身代金請求できるMicrosoft Office 365の機能 ~ Proofpointが発見

  7. マルウェアや標的型攻撃への対策状況を明らかに、ガートナー調査

    マルウェアや標的型攻撃への対策状況を明らかに、ガートナー調査

  8. 「ワールドソフト」で「VirusTotal」有償版を販売開始

    「ワールドソフト」で「VirusTotal」有償版を販売開始

  9. 官公庁や市町村の「偽サイト騒動」でJava Scriptコードの挿入による広告表示も、トレンドマイクロ調査

    官公庁や市町村の「偽サイト騒動」でJava Scriptコードの挿入による広告表示も、トレンドマイクロ調査

  10. 日本の組織が最も懸念するサイバー脅威はフィッシング詐欺とソーシャルエンジニアリング、トレンドマイクロ調査

    日本の組織が最も懸念するサイバー脅威はフィッシング詐欺とソーシャルエンジニアリング、トレンドマイクロ調査

ランキングをもっと見る