2006年に勃発した鳥インフルエンザ再発の可能性、家畜伝染病に対する監視・コントロール強化を(FAO) | ScanNetSecurity
2020.01.18(土)

2006年に勃発した鳥インフルエンザ再発の可能性、家畜伝染病に対する監視・コントロール強化を(FAO)

 国際連合食糧農業機関(FAO)は1月29日、世界に対して「鳥インフルエンザや他の家畜伝染病に対する監視・コントロールを強化しないと、2006年に勃発した鳥インフルエンザの再発の脅威に晒される。」と警告した。

脆弱性と脅威 脅威動向
FAOフアン・ルブロス主席獣医官
FAOフアン・ルブロス主席獣医官 全 2 枚 拡大写真
 国際連合食糧農業機関(FAO)は1月29日、世界に対して「鳥インフルエンザや他の家畜伝染病に対する監視・コントロールを強化しないと、2006年に勃発した鳥インフルエンザの再発の脅威に晒される。」と警告した。

 2003年から2011年の間にH5N1型鳥インフルエンザのために殺処分された家禽類は4億羽で、損害は200億ドルに達した。また、世界保健機関(WHO)によると、2003年から2011年の間に500人以上が感染し、300人以上が死亡したとされる。

 アジア・中東の国々には、まだH5N1ウィルスが潜伏しており、十分な措置がとられなければ、2006年に大流行して63か国が被害となったように、簡単に世界へと蔓延する可能性があるという。

 FAOフアン・ルブロス主席獣医官は、「皮肉なことに、十分な効果を持つPPRワクチンがあるにも関わらず人々は使用していない。対応しないことのコストとリスクはあまりにも大きい。」と語る。

 FAOは、すべての人々の食料安全保障を達成することを目的に設立された、国連専門機関のひとつ。世界の食料・農林水産業に関する情報提供を行っている。本部はローマにある。

FAO、鳥インフルエンザ再発を警告

《工藤 めぐみ@リセマム》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのか

    上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのかPR

  2. DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

    DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

  3. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  4. 「非公開」動画も公開、「TikTok」の脆弱性を発表(チェック・ポイント)

    「非公開」動画も公開、「TikTok」の脆弱性を発表(チェック・ポイント)

  5. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

  6. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  7. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  8. 「Junos OS」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

    「Junos OS」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  9. ドイツBSIの産業用制御システムのセキュリティ10大脅威を翻訳して提供(IPA)

    ドイツBSIの産業用制御システムのセキュリティ10大脅威を翻訳して提供(IPA)

  10. 「よりそうeねっと」へのパスワードリスト型攻撃、アプリからの不正ログインが判明(東北電力)

    「よりそうeねっと」へのパスワードリスト型攻撃、アプリからの不正ログインが判明(東北電力)

ランキングをもっと見る