子供のインターネットに9割近い親が「不安」、しかし端末の対策は進まず(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.20(火)

子供のインターネットに9割近い親が「不安」、しかし端末の対策は進まず(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「小・中学生のインターネット利用に関するセキュリティ調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
設問:お子様にSNS(facebook、mixi、LINEなど)を利用させたいと思いますか?
設問:お子様にSNS(facebook、mixi、LINEなど)を利用させたいと思いますか? 全 5 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は4月16日、「小・中学生のインターネット利用に関するセキュリティ調査」の結果を発表した。本調査は3月28日から29日まで、インターネットを利用する小・中学生(小学4年生~中学3年生)の保護者(親)412名を対象に、Webアンケートにより実施したもの。調査結果によると、子供のSNS利用に関して88.1%の親が否定的であることがわかった。また、SNSにおける適切な情報公開範囲も「実際の友人まで」(84.5%)と回答しており、実際の友人関係の延長としてSNSを利用することを望む傾向があった。しかし、実際に情報の公開範囲を設定・確認している親は54.1%と約半数の親が情報の公開範囲を定めていなかった。

また、83.5%の親が子供のインターネット利用に関してなんらかの「不安や心配」を抱いていることがわかった。具体的には「意図しない課金サービス(サイト・アプリ・ゲームなど)の利用」(58.3%)、「有害サイト(アダルト、出会い系、違法行為の勧誘サイトなど)や不適切(性的行為などをイメージさせる画像など)な画像の閲覧」(57.3%)、「個人情報の漏えい(掲示板やSNSに氏名、学校名、住所、電話番号などを書き込むなど)」(50.2%)について半数以上の親が不安や心配を抱えている。一方でURLフィルタリングやペアレンタルコントロール、ウイルス対策など、子供が利用する端末でのセキュリティ対策が進んでいない実態が明らかになっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  3. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  4. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  5. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  6. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  7. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  8. 繁忙期のため管理不徹底「国民健康保険関係届」紛失(大阪市)

    繁忙期のため管理不徹底「国民健康保険関係届」紛失(大阪市)

  9. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

  10. HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

    HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

ランキングをもっと見る