皮膚炎を起こす「やけど虫」が増加、6~8月に特に多く発生 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.20(土)

皮膚炎を起こす「やけど虫」が増加、6~8月に特に多く発生

 やけどした時のように皮膚が赤く腫れて水ぶくれを生じ、皮膚炎を起こす「やけど虫」が増加しており、ネットで話題になっている。やけど虫は日本全土に分布しており、6-8月に特に多く発生するというので注意が必要だ。

脆弱性と脅威 脅威動向
やけど虫(アオバアリガタハネカクシ)
やけど虫(アオバアリガタハネカクシ) 全 2 枚 拡大写真
 やけどした時のように皮膚が赤く腫れて水ぶくれを生じ、皮膚炎を起こす「やけど虫」が増加しており、ネットで話題になっている。やけど虫は日本全土に分布しており、6~8月に特に多く発生するというので注意が必要だ。

 環境コントロールセンターの情報によると、やけど虫はコウチュウ目ハネカクシ科アオバアリガタハネカクシで、成虫体長約6mm、頭部がアリに似て黒色、胸部と腹部が橙色、ハネが藍色、末端部が黒色という特徴的な色彩をしている有毒害虫。日本全土に分布し、水田の周囲や池沼、畑、川岸など湿潤な草地などに生息しているという。

 やけど虫が体に止まった時、毒物質ペデリンを含む体液が分泌され、それが付着した部分が水ぶくれになる。症状はかゆみを感じた後、やけどしたときのような痛みに変わる。目に入ると激しい痛みがあり、結膜炎、角膜炎、虹彩炎を起こす。

 6月~8月に夜間灯火に誘引されて屋内に飛来するため、夜間は窓を閉める、網戸にするなどして侵入を防ごう。もし、体に付着したり屋内に侵入したりした場合は、素手で触らないように取り除くか、市販のエアゾール剤にて殺虫するのがよいという。体液が皮膚に付いてしまったら、よく水で洗い、ステロイド軟膏を塗って冷やし、皮膚科を受診しよう。

やけど虫に注意、6-8月に多く発生

《工藤 めぐみ@リセマム》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

    「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  2. BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

    BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

  3. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

  4. 仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  5. 華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

    華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

  6. イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

    イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

  7. より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

    より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

  8. 複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  9. クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

    クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

  10. サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る