Snowden の最新暴露情報:NSA、Google の広告用クッキーを使う「人類」を監視~彼らは日々、あなたの発言する一言一言、あなたがプレイするゲームの一つ一つを見つめるだろう(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

Snowden の最新暴露情報:NSA、Google の広告用クッキーを使う「人類」を監視~彼らは日々、あなたの発言する一言一言、あなたがプレイするゲームの一つ一つを見つめるだろう(The Register)

それは単純な検索リクエストからウェブサイトまで、Google のソーシャルネットワーキングシステムのマッピングと関連のある全てのものに含まれている。つまり、インターネットユーザーのほぼ全員が、どこかにそれを持っているだろう。

国際 TheRegister
Snowden の最新の暴露情報には、NSA が標的を追跡する目的で Chocolate Factory(編集部註:Google の別称)のクッキーを利用しているという主張があり、それは以前より Google と NSA の間に存在していた緊張感を、さらに少々悪化させている。

その Washington Post が入手した文書は、NSA および英国 GCHQ のスパイが、PREFID と呼ばれる Google のトラッキングクッキーに便乗するための方法を発見したということを示すものだった。そこには個人データが含まれていないものの、各ブラウザ固有の識別子は含まれている。つまり、Google のコードを破壊することによって、大規模なデータダンプから特定のユーザーを容易に識別することが可能となる…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

    WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

ランキングをもっと見る