ハッカーは簡単に購入できる部品で NSA のスパイキットをリバースエンジニアリングする~DEFCON で新たなスパイ製品の数々が紹介されることに期待(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

ハッカーは簡単に購入できる部品で NSA のスパイキットをリバースエンジニアリングする~DEFCON で新たなスパイ製品の数々が紹介されることに期待(The Register)

さらに Ossmann は、NSA のカタログを元にして、別の 2 つのデバイスを構築できたと述べた。そこで使われたもののほとんどは少数のトランジスタと、2 インチのワイヤだけであるという。そのコストは、NSAが提示している額よりも非常に安価だ。

国際 TheRegister
Edward Snowden は昨年、NSA の「Advanced Network Technology カタログ」を漏えいした。それは NSA がスパイのエージェントたちに利用させるためのハードウェアとソフトウェアのツールのリストだった。そして現在、進取的なセキュリティ専門家たちは、入手可能な電子機器でそれらに類似したツールを構築するために、そのカタログを活用している。

そのチーム(Great Scott Gadgets の Michael Ossmann が率いている)は、漏えいしたカタログを調査した結果、NSA が開発したいくつかのデバイスは、非常に容易に再現できる可能性があると気づいた。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  3. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  4. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  5. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  6. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  7. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  8. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

  9. 優勝賞金100万円「Trend Micro CTF 2019」9月7日オンライン予選(トレンドマイクロ)

    優勝賞金100万円「Trend Micro CTF 2019」9月7日オンライン予選(トレンドマイクロ)

  10. HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

    HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

ランキングをもっと見る