「中国の犯罪者たち」が米国の病院から 450 万件の患者ファイルを盗む~CHS「ご心配なく、我々は保険に加入していますから」(The Register) | ScanNetSecurity
2019.12.09(月)

「中国の犯罪者たち」が米国の病院から 450 万件の患者ファイルを盗む~CHS「ご心配なく、我々は保険に加入していますから」(The Register)

国家対情報局は昨年、「中国のハッカーたちが、米国の医療系企業を標的として新しい薬や医療機器に関する知的財産を奪おうとしている」と議会に警告した。それらの警告は、当初に考えられていたよりも正確であったように思われる。

国際 TheRegister
今年の 4 月から 6 月にかけて、米国最大のヘルスケアサービス企業の一つ Community Health Systems(CHS)のシステム内で、中国のハッカーが暴れ回り――数百万の患者の名前、住所、社会保障番号にアクセスした、と同社が主張している。

しかし CHS は、いかなる医療記録や金融データも悪党に掴まれてはいないと強く主張した。同社は米国の 29 の州で 206 の病院を監督している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  2. 3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

    3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

  3. 脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

    脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

  4. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  5. PCI DSSの要件となる脆弱性スキャンとペネトレーションテストを2日間で学ぶ(fjコンサルティング)

    PCI DSSの要件となる脆弱性スキャンとペネトレーションテストを2日間で学ぶ(fjコンサルティング)PR

  6. 不正アクセスで一時閉鎖していたWebサイトを再開(JP共済生協)

    不正アクセスで一時閉鎖していたWebサイトを再開(JP共済生協)

  7. メールアカウントへの不正アクセス、送受信したメールデータが流出の可能性(RIZAPグループ)

    メールアカウントへの不正アクセス、送受信したメールデータが流出の可能性(RIZAPグループ)

  8. 「大阪市報道発表資料」の誤送信でアドレス流出、チェック表での確認を徹底し再発防止に努める(大阪市)

    「大阪市報道発表資料」の誤送信でアドレス流出、チェック表での確認を徹底し再発防止に努める(大阪市)

  9. 「LanScope Cat / An」に任意コード実行の脆弱性(MOTEX、JVN)

    「LanScope Cat / An」に任意コード実行の脆弱性(MOTEX、JVN)

  10. 不正アクセスで10ヶ月分の決済情報が流出、カード不正利用の可能性も(モーターマガジン社)

    不正アクセスで10ヶ月分の決済情報が流出、カード不正利用の可能性も(モーターマガジン社)

ランキングをもっと見る