「直ちに」Bashにパッチを:OS XやLinuxのシステムを破壊し無防備にする「Shellshock」バグ~Heartbleed級のリモートコード実行可能な脆弱性が、CGIスクリプトからDHCPクライアントまで影響(The Register) | ScanNetSecurity
2020.01.20(月)

「直ちに」Bashにパッチを:OS XやLinuxのシステムを破壊し無防備にする「Shellshock」バグ~Heartbleed級のリモートコード実行可能な脆弱性が、CGIスクリプトからDHCPクライアントまで影響(The Register)

今回のBashの欠陥にShellshockという名前を提案した、Errata SecurityのRobert Grahamもまた、このプログラミングのへまはHeartbleedと同様に深刻だと言う。ただし次のように言及している。

国際 TheRegister
更新版 : 広く使われているBashコマンドインタープリタに見つかったバグは、深刻なセキュリティ上のリスクをUnixやLinuxのシステムにもたらす。こういったシステムは普遍的に使われているため、インターネット全体に対するものになっている。

無数のWebサイト、サーバ、PC、OS X Mac、各種のホームルータ、その他いろいろが、ハッカーによって乗っ取られる危険に陥っている。

この脆弱性は4.3以前のバージョンのBashに存在しており、Stephane Chazelasが発見した。侵害のリスクに特にさらされているのはApache Webサーバだ。なんらかの方法でBashを使用または起動するCGIスクリプトや、CGIスクリプトにより起動される子プロセスのBashは、リモートコードインジェクションに対して脆弱である。OpenSSHと一部のDHCPクライアントも、Bashを使用しているマシン上では影響を受ける。

《翻訳: Images & Words, Inc.》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  2. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  3. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  4. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  5. 「自分たちの方が顧客に付加価値を提供できる」PCI DSS 準拠のための脆弱性スキャンとペネトレーションテスト内製化を実現 ~ スマート・ツー株式会社

    「自分たちの方が顧客に付加価値を提供できる」PCI DSS 準拠のための脆弱性スキャンとペネトレーションテスト内製化を実現 ~ スマート・ツー株式会社PR

  6. 「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

    「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

  7. 上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのか

    上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのかPR

  8. 企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

    企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

  9. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

  10. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

ランキングをもっと見る